キャンパスSearchで学校検索
エッセイ添削サービス

Cabrillo College カリナリー専攻 東京都出身 Fさん
Claremont McKenna College 経済専攻 埼玉県出身 Hさん
Foothill College 会計専攻 広島市出身 Dさん
NYU映画評論専攻 兵庫県出身 Aさん
 
Cabrillo College カリナリー専攻 東京都出身 Fさん (渡米時 35歳)
 
グルメにかける情熱
 
日本では大学で物理学を専攻後、外資系のコンピュータ会社に就職し、営業を10年ほどやっていました。料理が大好きで、いつか食べ物に関連する仕事をしたいと思っていました。
 

3年前に仕事の関係で、サンフランシスコ郊外のサンタクルーズ市に住むことになり、そこにあったカブリロ・カレッジという公立の2年制カレッジに入学することに決め、「カリナリー」を専攻し、仕事の合間をぬってプロとしての調理やレストラン経営学、食品のパッケージなど、食べ物に関する色々なことを学びました。

英語は仕事で使っており、あまり不自由していなかったので、TOEFLなどは簡単にクリアーできました。カブリロ・カレッジでは、カリナリー専攻の学生が調理を担当、大学の経営するレストランがあり、ここで何時間か料理することもカリキュラムに含まれていたのですが、私は仕事をしながらだったので、なかなかこの時間が作れず、苦労しました。また、同じころにスタートした学生が、どんどん先に進んでいくのに、フルタイムで勉強できない自分は遅れをとってしまい、焦ったこともありました。

勉強はとても楽しく、やりがいがありました。授業で印象できだったのは、実に色々なバックグラウンドの学生がいて、なかでも一番印象的だったのは、パスタ作りの上手な髪の毛が真っ青で、腕に刺青が入ったお兄ちゃんでしょうか。私がパスタの生地と格闘している横で、彼が手際よくサッサとパスタを作るのを見て感動したこともありました。彼は、どうやらイタリアン・レストランで働いていたことがあったようですが、本当に上手でした。

それから、これは失敗談なんですが、テストの時に先生から「Please use all ingredients.」と言われ、私は、この材料をすべて使うのだな、と思い、用意された材料を残さず使ったので、かなりボリュームの多いものができてしまいました。

評価に回ってきた先生は、「全部といっても、用意されたすべての種類の材料が、それぞれ適量入っていればいいだけだったのだけど・・・」と、山盛りになった私のお皿をみて目を丸くしていました。英語は難しいですね。

 
サンタクルーズでの生活
 
この街は、サンフランシスコから車で2時間ほど南に下ったところにある海沿いの町で、サンフランシスコやその郊外に住んでいる人たちが、週末遊びに来るような場所です。ここには、ハイテク系の会社もいくつかあります。また、少し内陸に入るとアーティチョークやいちごなどを栽培している農作地もあり、海の幸と山の幸が簡単に手に入ります。

しかし、文化的な要素が少し欠けていて、サンフランシスコまで出て行かないと、舞台を見たり、美術館に行ったりできなかったのが、マイナスな点でした。UCサンタクルーズという公立大学がそばにあり、サーファーと学生の多いリラックスした街です。

 
卒業後の予定
 
あと数ヶ月すると日本に帰国する予定です。インターネットを利用して、日本のレストラン向けにグルメ食材などを仕入れるビジネスでもスタートしようかと考えを練っている最中です。
 


iiwaveホーム | アメリカに留学したい | Case Study | アメリカ生活 
Englishスクール | 2年制College | 4年制University | キャンパスSearch | 留学準備
コンサルティング& Shop  | サイトマップ | Corporate Info | Copyright