キャンパスSearchで学校検索
エッセイ添削サービス

州のキャラクターを国勢調査からみる
お金のこと
住むところ
車を手に入れる
日本の食材
病気になったら
日本の書籍やCD&Video&TV
アメリカへの引越し
ソーシャル・セキュリティ・ナンバーを取ろう
日本語によるアメリカ生活関連サイト
インターンシップってなに?
全米リスト オレゴン州
オレゴン州
 

<人口>
若い人が多い州です。


総人口

3,421,399人
49.6%
50.4%
平均年令 34.3才

<人種>
やはり白人さんが、マジョリティですね。人種のバラエティが少ない州です。


白人

86.6%
アフリカ系アメリカ人 1.6%
ラテン系アメリカ人(ヒスパニック) 8.0%
アジア系アメリカ人(日系アメリカ人 0.4%) 3.0%

<生まれ>
南米生まれが多いので、ヒスパニック系人口が増加していくようです。


アメリカ国内生まれ

91.5%
外国生まれ 8.5%
(ヨーロッパ生まれ18.8% アジア生まれ27.3% アフリカ生まれ1.7% 南米生まれ44.6%)

<言葉>
英語だけを話す家庭は、意外と少ないのです。

英語のみを話す家庭 87.9%

<学歴>
大体全国平均。


高卒

26.3%
2年制または4年制大学中退 27.1%
2年制卒 6.6%
4年制卒 16.4%
大学院以上 8.7%

<平均収入>
お給料は、全国平均以下です。物価は、安めなのでしょう。

平均収入 40,916ドル

<通勤手段>
ここでもやはり、車で通勤。しかし、ポートランド市は、西海岸の中では珍しく公共の交通機関が発達している街です。



85.5%
公共交通機関 4.2%
徒歩 3.6%
家で仕事 5.0%

<平均通勤時間>
通勤時間はかなり短いほうに入ります。

通勤時間 22.2分

<家の価格(中央値)>
家の価格 152,100ドル

<産業>
林業や農業など自然を相手にする仕事についている人が割合多い州です。また、製造業も多いいようです。

農・漁・林・酪・炭鉱 3.2%   金融&不動産 6.1%
建設 6.9%   専門職/科学/
経営/廃棄
8.9%
製造 14.4%   教育/医療/福祉 19.3%
卸業 4.1%   芸能 8.5%
小売 12.5%   行政 4.4%
物流 4.7%   その他 4.9%
情報 2.4%      

<女性社長の割合>
オレゴン州の女性もビジネスウーマンが多いようです。

女性社長の割合 27.6%

<貧困層>
貧しい人が比較的少ない州です。

貧困層 11.6%


iiwaveホーム | アメリカに留学したい | Case Study | アメリカ生活 
Englishスクール | 2年制College | 4年制University | キャンパスSearch | 留学準備
コンサルティング& Shop  | サイトマップ | Corporate Info | Copyright