キャンパスSearchで学校検索
エッセイ添削サービス

州のキャラクターを国勢調査からみる
お金のこと
住むところ
車を手に入れる
日本の食材
病気になったら
日本の書籍やCD&Video&TV
アメリカへの引越し
ソーシャル・セキュリティ・ナンバーを取ろう
日本語によるアメリカ生活関連サイト
インターンシップってなに?
アメリカを旅行したことがあっても、生活するとなるとまた別の楽しさや苦労を体験することになります。生活基盤がしっかりしていないと、留学本来の目的にフォーカスできなくなる結果になってしまうことにもなりかねません。生活の基本を押さえておきましょう。
銀行とのつきあい
 
アメリカで銀行口座を持たなくてもやっていけないこともありませんが、銀行口座を持っていたほうが便利です。

ホームステイ先に家賃を払ったり、大学の授業料を払ったり、日本から仕送りをしてもらったりという用途で銀行口座を持つ必然性がでてくるでしょう。銀行はあなたが行く留学先の大手銀行や日系の銀行を選択すると良いでしょう。日系銀行の良い点は、日本人のお客様に慣れているという点です。

大手銀行では、支店やATMが街のあちらこちらにあるので不要な手数料を払わずに現金を引き出すことができます。引き出しときの注意事項ですが、アメリカでは一日に300ドルしか、ATMから引き出すことができません。これは、強盗防止政策のようです。支店の窓口では、もっと引き出すことができます。

また、日本でシティバンクの口座を持っていると、アメリカのシティバンクのATMからいつでも直接自分の日本のシティバンクの口座から現金をドル建てで引き出すことができます。(この場合は、一日1500ドルまでです。)これは、シティバンクのみが行っているもので、留学生にとってなかなか重宝な仕組みです。

アメリカまで仕送りをしてもらわなくても、日本のシティバンクの口座に振り込んでもらえれば、アメリカで引き出せるのですから。ただし、日本全国にシティバンクの支店があるわけではないので、地方によっては口座を作ることが難しいかもしれません。また、アメリカの全都市にシティバンクがあるわけではありません。

チェック(小切手)
 
アメリカのチェック(小切手)という制度に、戸惑いを感じることでしょう。アメリカではとても一般的なシステムで、アパートの家賃をチェックで払ったり、スーパーでのお買物の支払いにチェックを使ったりと、日本人が現金を使用するような感覚で使います。

チェックは、銀行口座を作るときに一緒に申し込むというのが一般的です。あなたの住所や名前が印刷されたオリジナルのチェックが10日前後で自宅に送られてきます。

クレジットカードについて
 
アメリカ人は、本当に現金を持ち歩きません。財布に100ドル以上入れている人にお目にかかるもの、珍しいことです。その代わりにクレジットカードが1〜2枚、必ずお財布に入っていて、牛乳とパンとりんごといったたった3ドルの買物でも、支払いはクレジットカードで済ませてしまうことが普通です。

ところが、留学生がクレジットカードをアメリカで作ることは、意外と難しいのです。留学生は、当然アメリカに来たばかりなので、「クレジット・ヒストリー」というお金を使った記録がアメリカにありません。これがないと「お金のない貧乏人」とみなされ、クレジットカードを作ることができないのです。

それならクレジットカードは要らない、という人もいるかもしれませんが、クレジットカード社会のアメリカで、クレジットカードがないと不便なことが多くあります。身元確認のためにも使われますし、ホテルの予約もクレジットカードがないと受けつけてくれないことが多くあります。

・留学生でも作れる、セキュリティ・クレジットカード
 
そこで、クレジット・ヒストリーのない留学生でも作ることのできる、セキュリティ・クレジットカードと呼ばれるカードを紹介しておきたいと思います。申し込みは、各銀行で申し込み用紙をもらい、必要事項を書き込みます。 その後、銀行に必要な額のお金を預けます。この時預けた金額が、あなたの月々の限度額になるので、2000ドル預ければ、2000ドルまでしか使えませんし、5000ドル預ければ、5000ドルまで使えます。

カード会社としては、あなたが支払いを滞らせたまま、日本に帰ってしまう危険性があっても、あらかじめ預けておいたお金があるので、安心してカードを発行できるというシステムになっています。通常のクレジットカードは、銀行以外の色々な会社からも発行されていますが、セキュリティ・クレジットカードは、主に銀行が発行しています。銀行で作ってもらったこのクレジットカードを無理なく使っているうちに、あなたのクレジット・ヒストリーができてきます。

そうすると、色々なクレジットカード会社から、山のように勧誘のダイレクト・メールが届くようになります。セキュリティ・クレジットカードを発行してもらってから1年ほどしたら、自分にとって得になるクレジット会社を選んで、申し込み用紙に必要事項を書いて送れば、普通のクレジットカードを作ることができます。新しいカードが手に入ったら、セキュリティ・クレジッド・カードはキャンセルすれば良いでしょう。初めに銀行に預けたお金は、利子をつけて返してくれます。

・お得なクレジットカード
 
特典つきのクレジットカードの例を挙げると、1ドル買物すると、1マイル分の航空会社のマイル数を稼ぐことができるもの、金利が低めに設定してあるもの、使用した金額の1%が、リテールショップの金券として年末に返ってくるものなど、色々なプラスαの特典がついたものがあるがあります。また、石油会社のクレジットカードは、その石油会社のガソリンステーションでカードを使って給油すると、ガソリン代がディスカウントされるものもあります。
・クレジット・カードの支払い
 
日本では、銀行口座からの自動引き落としが一般的ですが、アメリカでは毎月送られてくる明細書の内容を確認した後、自分の小切手で支払いをするというスタイルが一般的です。最近は、インターネットの普及にともない、あらかじめ自分の口座番号を登録しておき、ウェブ上で利用明細を確認したあと、ボタンを押して自分の口座から使った金額を引き落としてもらうという方法もかなりポピュラーになってきています。
 


iiwaveホーム | アメリカに留学したい | Case Study | アメリカ生活 
Englishスクール | 2年制College | 4年制University | キャンパスSearch | 留学準備
コンサルティング& Shop  | サイトマップ | Corporate Info | Copyright