ハウジング
・チョイスは3つ

Englishスクールでは、ホームステイ、レジデンスホテル、またはアパートハウジングを提供しています。月々のコストはホームステイが一番安く、つぎにレジデントホテル、最も高くつくのがアパートでの一人暮らしです。どのスタイルが良いかは、個人の好みにもよりますが、英語を話すチャンスと友達を作るチャンスが多いことでは、レジデンスホテルがナンバーワンでしょう。

こういったレジデンスホテルはいくつかのEnglishスクールが契約して部屋を借りていることが多いので、ほかのEnglishスクールに行っている留学生たちと交流できる機会もあります。しかし、レジデンスホテルは、都心にしかないので郊外や田舎に留学する場合は、この選択肢は残念ながらありません。

・当たり外れの多いホームステイ

ホームステイには、当たり外れがあります。Englishスクールの学生に部屋を貸してくれるファミリーは、だいたい3つのパターンにわけられます。一つ目は、金銭的に厳しく留学生が払ってくれる部屋代が家計にとって不可欠なファミリー、2つ目は、裕福で、ボランティア精神で部屋をかしてくれるファミリー、そして3つ目は、中流で日本やその他の外国に興味があり、学生を通じてその国や文化を知りたいと思っているファミリーです。

最後のパターンのファミリーに当たれば家族ぐるみの色々なお付き合いが期待できますが、その他のファミリーに当たった場合は、一家団らん一緒に夕食をいただくといったことは少なく、おそらく期待はずれの生活になってしまうでしょう。

最初のパターンのファミリーにあたると、子供の世話や家の掃除などをさせられることもあります(自分の部屋を掃除するのことは当然です)。アパートでの一人暮らしは気楽ですが、英語を話す機会がとても少なくなってしまうので、ほかの国からの留学生などとルームシェアをするケース以外は、あまりお勧めできせん。また、渡米した当初は土地勘がないため、どのエリアが安全かという治安状況も分からずに「安いから。」という理由だけでアパートを決めたしまったりするケースもあります。

ホームステイの良い点は、渡米する前に住居を確保できるということ、アメリカ人の生活の中に入っていけるので、お勧めのインターネットのプロバイダーを教えてもらったり、スーパーの場所を教えてもらったり、と質問できる人がそばにいるという点です。

ですから、アパート暮らしを希望していたとしても、渡米前は2ヶ月〜3ヶ月ほどホームステイにお世話になり、その間に土地勘付け、カレッジでお友達を見つけ、ルームシェアを探すというプランを考えておくと良いと思います。もちろん、親切なホームステイファミリーにあたった場合は、ずっと気に入って住んでいる学生もいますから、ホームステイは絶対自分に合わない、と決めてかからないほうが良いでしょう。

ホームステイの紹介業者
 
学生寮のない2年制カレッジや英語学校に留学する場合は、ホームステイを選択するケースが多いと思います。英語学校や2年制カレッジと提携しているホームステイの紹介業者は、数をこなさなければならないので、学生から苦情のでるホストファミリーなどでも紹介し続けるなど、問題のあることが多くなります。特に、英語学校や2年制カレッジ、4年制ユニバーシティのエクステンション校などが多く集まっている地域では、良いホストファミリーの取り合いになりますから、ホストファミリーの質を確保するのが難しくなってきます。

iiwaveが利用するホストファミリー紹介会社は、社長さん自らホストファミリーを面接し、家の様子も見に行くことをポリシーとしている丁寧な仕事をする会社です。サンフランシスコ近郊のみが守備範囲なのが残念ですが、サンフランシスコ近郊でホームステイを希望の場合は、是非、iiwaveにお声をかけてくださいね。

費用
・コストを計算しよう

月々のコスト計算は、学校の授業料+住宅費用、それに300ドルを足すとだいたいの見積がでます。プラスの300ドルは、教科書代、交通費、保険料、お昼代などをカバーします。授業料は、Englishスクールによって多少の差がありますが、一ヶ月の授業料は800〜1400ドルくらいです。レジデントホテルの月々の家賃は、朝食と夕食付きで600〜1000ドルほどです。ホームステイの月々の家賃は、やはり朝食と夕食付きで750〜850ドルくらいです。アパートの家賃は、1200ドル以上です。(これにはもちろん食事は付いてきません。)

どの英語学校でも最初に100ドル程度の申し込み手数料と、100ドルほどの住宅手数料がかかり、これらの手数料は途中で学校をやめても払い戻しはされません。

例:
900ドル(授業料)+900ドル(レジデントホテル)+300ドル
= 2,100ドル

月々、23万1千円(変換レート:1ドル=110円)ほどの費用がかかるというわけです。決して安くはありません。

ここでは、各イングリッシュスクールの料金体系を、数例挙げています。各学校によって、コースの長さや料金に含まれるものなどが異なるので、単純に合計金額を比較できませんが、費用の概算がわかると思います。

<カリフォルニア州・イントラックス・サンフランシスコ・シティ・センター>
(INTRAX San Francisco City Center 2004年度 4週間コース)

Application fee (願書手数料)

Tuition for 24 hours course  (週24時間授業料)

Medical Insurance  (1ヶ月健康保険料) オプショナル

4-week Homestay (4週間ホームステイ・1人部屋バスなし)

Homestay Application Fee (ホームステイ手数料)

合計
$ 75

$ 570

$ 65

$ 850

$ 150

$ 1,710

<カリフォルニア州・ゴールデン・ゲート・ランゲージ・スクールズ>
(Golden Gate Language Schools 2004年度 6週間コース)

Registration Fee(登録料)

Tuition for 20hours course (週20時間1ヶ月授業料)

Airport pick-up San Jose (サンノゼ空港出迎え)

Medical Insurance 12wks(12週間分健康保険料) オプショナル

合計
$ 90

$ 760

$ 50

$ 234

$ 1,134

<アスペクト>
(Aspect 2004年度 4週間コース)
Registration Fee(登録料)

Tuition for 20hours course (週20時間1ヶ月授業料)

4-week Twin Dorm stay(4週間2人部屋ドミトリー代)

Airport Pick Up (サンフランシスコ空港)

合計
$ 85

$ 980

$ 940

$ 80

$ 2085

 


iiwaveホーム | アメリカに留学したい | Case Study | アメリカ生活 
Englishスクール | 2年制College | 4年制University | キャンパスSearch | 留学準備
コンサルティング& Shop  | サイトマップ | Corporate Info | Copyright