キャンパスSearchで学校検索
準備チェックリストを使おう!
留学生でも奨学金がもらえる
奨学金への応募から受領への流れ
奨学金を出す大学の例
iiwaveから奨学金をもらおう!

留学生は、大学から奨学金がもらえない、と思っている人も大勢いることでしょう。また、企業からの奨学金などは、選考が厳しく自分には無理だあきらめている人もいるでしょう。しかし、すぐにあきらめてしまうのは早すぎます。留学生にも奨学金を用意している4年制ユニバーシティや2年制カレッジも多くあるのです。

授業料をすべて払ってくれるほどの金額を出してくれる奨学金の数は少ないですが、年間200ドルから3000ドルほどの低額な奨学金を用意している大学はそれほど珍しくありません。これらの低額な奨学金は、「○○専攻の学生」「1年以上大学にフルタイムで通っていること」「GPAが3.0以上」など、といった応募資格制限があることが普通です。なかには、「優秀な留学生」というカテゴリーもあります。ですから、州立や公立のユニバーシティだから留学生には奨学金を出さない、と決め手かからないことです。

しかし、どんなに優秀な留学生でも、絶対に応募資格のない奨学金もあります。それは、アメリカの国や州政府や市が設けている奨学金制度です。これらの奨学金は、「Federal(フェデラル)」「State(ステート)」「Resident(レジデント)」などという単語が奨学金の名前についていることが多いので、区別がつくと思います。

さて、奨学金をもらえるケースが意外と多いことがわかっていただけたでしょうか。iiwaveの大学詳細データでは、「アメリカ人学生と同レベルの奨学金制度有り」、「留学生には奨学金を出さない」、「留学生には制限付きの奨学金制度有り」というカテゴリー分けがされています。

いくつか志望大学を絞ったら、その大学の「ファンナンシャル・エード・オフィス」(Financial Aid Office)に問い合わせてみると良いでしょう。また、iiwaveのコンサルティングスタッフが個別にリサーチを受けつけることも行っています。その際は、コンサルティングのコーナーを参照してください。

 

 




iiwaveホーム | アメリカに留学したい | Case Study | アメリカ生活 
Englishスクール | 2年制College | 4年制University | キャンパスSearch | 留学準備
コンサルティング& Shop  | サイトマップ | Corporate Info | Copyright